*

自毛植毛で訴訟に発展した事例はある?

公開日: : 自毛植毛に関するFAQ

自毛植毛で訴訟に発展した事例はあるの?

自毛植毛で訴訟に発展した事例はあるの?

専門のクリニックで自毛植毛を受けるに当たり、「訴訟に発展した事例はあるの?」と不安を抱えている男性は少なくありません。

確かに、自毛植毛は外科的な手術を受ける形となりますので、プロペシアやミノキシジルを使った投薬治療とは大きく異なります。

  • FUT法の場合はメスを使って皮膚を切開しなければならない
  • FUE法でもパンチグラフトで頭皮から毛根を採取する
  • 技術力の高さが要求される手術を受ける形となる

自毛植毛にはこのような特徴があり、「失敗した」「傷口が酷い」と訴訟に発展するのではないかと勘繰るのは当然ですね。

訴訟の国とも呼ばれているアメリカでは、次のようなトラブルが以前に起こりました。

  • 技術力の低い医師が粗悪な素材を使って植毛手術を行っていた
  • 頭皮へと大ダメージを与えて髪の毛が生えないどころか、傷跡を作ってしまった
  • 健康を害された患者さんは当然のようにクリニックを訴えた

日本とは植毛事情に違いがあるものの、植毛先進国のアメリカでも裁判へと発展するケースはあります。

しかし、訴訟に発展したのは自分の髪の毛を植え付ける自毛植毛ではなく、人工毛を移植する人工毛植毛ですので安心してください。

「無制限に自分の髪の毛と見た目の変わらない毛を植え付けて薄毛を改善できる」というメリットがあると聞き、人工毛植毛を受けようと考えている男性は多いでしょう。

何本でも移植できるのは紛れもない事実ですが、人工毛植毛には次のリスクやデメリットがあります。

  • 頭皮へと異物を植え付ける形となって拒絶反応を起こす
  • せっかく綺麗に植え付けても数年後には抜け落ちる
  • 頭皮の赤みや炎症、感染症を引き起こす可能性がある

人体へと害のある手術だからこそ、既にアメリカでは禁止されているのです。

つまり、自毛植毛では手術の失敗で訴訟に発展した事例はなく、技術力の高いクリニックを選んでいれば安全にAGAによる薄毛を治療できますよ。

 

自毛植毛では失敗のリスクがある

自毛植毛で訴訟に発展した事例はなくても、失敗のリスクはありますので注意しなければなりません。

訴えるほどの医療ミスが引き起こされるケースは少ないものの、仕上がりに関して不満を抱えている男性は意外と多いのです。

以下では自毛植毛の失敗事例を幾つか挙げてみました。

  • 定着率が悪くて薄毛部分へと植え付けた毛髪が抜け落ちてしまう
  • FUT法による自毛植毛を受けると頭皮へと傷跡が形成される
  • 生え際の移植した部分がギザギザや凸凹になって不自然
  • 1ヶ月間が経過しても頭皮の赤みや炎症が全く消えない

技術力の低い医師による手術を受けたり衛生面があまり整っていないクリニックへと受診したりすると、トラブルや後遺症のリスクは高くなります。

 

失敗を防ぐにはクリニックの選び方が大事!

自毛植毛で失敗を未然に防ぐには、クリニックや医療機関の選び方が大事です。

信頼できるクリニックへと受診していれば、見た目が不自然になったり定着率が下がったりといった失敗が引き起こされることはありませんね。

そこで、以下では自毛植毛を受けるクリニックの選び方で押さえておきたいポイントをまとめてみました。

  • 株分けや植え付けのスピードが速くて大事なドナーを無駄にせずに済む
  • 自毛植毛の名医が在籍していて高い信頼を獲得している
  • 1回の手術で大量に植え付けられるメガセッションが取り入れられている
  • メスを使わずに移植する自毛植毛のFUE法(クリニックによって名称は異なる)が採用されている
  • サポート体制やアフターフォローが充実している

これらのポイントに全て該当するのは、当サイトで紹介しているアイランドタワークリニックです。

高い信頼を獲得している証拠として、アイランドタワークリニックは国内でナンバーワンのシェア率を誇っています。

常に最先端の技術を追い求めて患者さんへと手術を提供していますので、薄毛で悩む男性は一度アイランドタワークリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

 

関連記事

自毛植毛後は休暇を取るべきなの?

自毛植毛を受けて薄毛を治療するに当たり、休暇を取った方が良いのかどうか疑問を抱えている男性は多いかも

記事を読む

自毛植毛を受けた将来は?

「自毛植毛を受けた将来はどうなるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃるかもしれません。

記事を読む

自毛植毛でアンダーヘアーを増やせるの?

「自毛植毛で頭髪ではなくアンダーヘアーを増やすことはできるの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃ

記事を読む

全体的な薄毛でも自毛植毛を受けられる?

「全体的な薄毛の男性でも自毛植毛を受けられるの?」という疑問を抱えている方はいます。 頭皮全体

記事を読む

自毛植毛の手術は医療費控除が適用される?

医療費控除とは? 医療費控除とは簡単に説明すると、1年間に支払った医療費の中から支払い

記事を読む

自毛植毛の発毛時期は?

自毛植毛をクリニックで受けてから直ぐに効果を実感できるわけではなく、発毛時期は数ヶ月から1年間程度と

記事を読む

自毛植毛で失敗することはあるの?

薄毛を治すためにクリニックで自毛植毛の手術を受けて、失敗することがあるのか疑問を抱いている男性は少な

記事を読む

自毛植毛はどのくらい維持できるの?

自毛植毛によって植え付けた髪の毛をどの程度維持できるのか、疑問を抱えている人はいらっしゃいます。

記事を読む

ケロイド体質の人は自毛植毛を受けられる?

ケロイド体質とは? ケロイド体質とは皮膚の傷が治る過程で原因不明の炎症が起き、皮膚下のコラーゲンが

記事を読む

自毛植毛後に仕事できるの?

自毛植毛で薄毛を改善しようと考えている男性の多くは、「いつから仕事ができるのか?」「いつから職場へと

記事を読む

危険性の高い植毛手術!自毛植毛は大丈夫?

見出し1 危険性の高い植毛手術とは?1.1 拒絶反応のリスクが高い1....

利用者の満足度の高い自毛植毛

利用者の満足度の高い自毛植毛は? 利用者の満足度の高い自毛植毛がどんな...

学割が用意された自毛植毛のクリニック

見出し1 大学生が若ハゲで悩む原因はこれだ!2 学割が用意された自毛植...

自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべき?

見出し1 自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべきなの?1....

広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられる?

見出し1 広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられるの?1.1 メ...

円形脱毛症の治療で自毛植毛が向いていない理由

見出し1 円形脱毛症による症状とは?2 円形脱毛症の治療で自毛植毛が向...

自毛植毛の効果を実感できるのは休止期の後!

見出し1 私たちの髪の毛のヘアサイクルとは?2 自毛植毛の効果を実感で...

自毛植毛で訴訟に発展した事例はある?

見出し1 自毛植毛で訴訟に発展した事例はあるの?1.1 自毛植毛では失...

自毛植毛の手術は医療費控除が適用される?

見出し1 医療費控除とは?1.1 医療費控除の対象となる代表的な治療は...

盛岡で自毛植毛を受けられるクリニック

見出し1 盛岡で自毛植毛を受けられるクリニックはある?1.1 盛岡で自...

PAGE TOP ↑