*

日々進化する医療技術!自毛植毛の歴史を辿ってみよう

公開日: : 最終更新日:2016/11/06 自毛植毛を病院で

日々進化する医療の技術!自毛植毛の歴史をまとめてみました

日々進化する医療の技術!自毛植毛の歴史をまとめてみました
近年ではAGAの治療において自毛植毛は主流の方法となりつつあります。

実は意外と古くから自毛植毛の研究自体は行われており、医療技術は日々進化しているので現在では安全に手術を受けられるようになりました。

以下では自毛植毛の歴史を辿っているので、どのようにやり方が変化していったのか参考程度に頭に入れておいてください。

日本人医師による研究報告

自毛植毛の先進国と言われているのはアメリカですが、日本でも研究自体は1930年と比較的早い段階から行われていました。

  • 笹川正男医師
  • 奥田庄二医師
  • 田村一医師

この3人の優秀な医師が自毛植毛手術に関する研究結果を報告しており、後のノーマン・オレントライヒ博士によるAGAの手術治療法へと発展しています。

つまり、1930年代の医師たちによる研究が自毛植毛の幕開けと言っても過言ではありません。

アメリカを中心に発展

自毛植毛の進化の歴史はアメリカが中心で、上記のノーマン・オレントライヒ博士が奥田庄二医師の研究報告を元に開発したことで「奥田・オレントライヒ法」と名付けられました。

薄毛で悩む男性を中心に人々の間で少しずつ認知され始め、逆に人工毛を植え付ける人工毛植毛は次第に淘汰されています。

  • 異物を排除しようとする働きで頭皮に炎症や化膿が起こる
  • 寿命が短く1年間が経過すると半数以上が抜け落ちる
  • 抜け落ちる際に毛根の内部に残ると感染症の引き金となる
  • 理想のヘアスタイルを長期的に維持するには高額なメンテナンス費用がかかる

人工毛植毛には上記のようなリスクやデメリットがあり、アメリカでは1979年から全面的に禁止されたのです。

日本ではまだ少なからず実施しているクリニックがありますし、これが植毛後進国と言われている理由なのではないでしょうか。

FUTストリップ法(FUSS法)の登場

FUTストリップ法(FUSS法)による自毛植毛は、1994年~1995年に初期の論文が出始めてから世界的に普及しています。

今まで実施されてきたフラップ手術やパンチグラフト法の不自然さなどのデメリットが改良され、日本だけではなくアメリカでも主流の方法なのです。

  • フラップ法⇒髪の毛の向きを調整できないので不自然になる
  • パンチグラフト法⇒10本以上をまとめて移植するので見た目に違和感が残る

これらの自毛植毛の難点を解消したのがFUTストリップ法(FUSS法)で、移植する単位が毛包なので定着率が非常に高くなります。

「自然なヘアスタイルを手に入れられる」「採取したドナーが無駄にならずに済む」という2つの利点が注目を集めた要因です。

メスを使わないFUE法の登場

FUT法による自毛植毛を受けるに当たり、ドナーを採取するにはメスを使わなければなりません。

「傷跡が残るのではないか?」「痛いのではないか?」といった不安が残る方のために、メスを使わないFUE法が登場しました。

FUE法による自毛植毛自体の歴史は短いものの、特殊な器具で毛根ごとくり抜いてドナーを作成し、頭頂部や前頭部といった場所へと植え付けるだけなので安全です。

メスを使った後の縫合処置も必要ありませんし、ドナーを採取した後頭部の傷が治りやすいのが大きなメリットとなっています。

最新のロボットを使ったARTAS(アルタス)植毛

自毛植毛でドナーを採取するには繊細な技術が必要となり、慎重に処置を施さなければならないので手術時間が長くなるデメリットがありました。

「手術時間が長くなる=ドナーの定着率が下がる」という弊害があったのですが、この点を解決したのが最新のロボットを使ったARTAS(アルタス)植毛です。

医療用ロボットでドナーを採取するので手術時間を短縮でき、植え付けは人の手で行われるので不自然なヘアスタイルになる心配はありません。

  • TOMクリニック
  • 湘南美容外科クリニック
  • 聖心美容外科

日本ではこの3つの医療機関でARTAS(アルタス)植毛が実施されており、歴史は短くても薄毛へと悩みを抱える様々な人を救ってきました。

以上のように自毛植毛の技術は医師たちの努力によって日々進歩していて、今後も確実に新しい手法が生み出されるはずです。

医師の技術レベルの向上はもちろんのこと、毛根を培養して頭皮へと無制限に植え付けられる方法も研究が進んでいます。

現段階での最先端の自毛植毛はARTAS(アルタス)植毛で、中でもTOMクリニックでは格安の費用で手術可能です。

最新版へとアップグレードした記念として1グラフト80円~から受けられるので、薄毛の悩みを抱えている方はTOMクリニックで無料カウンセリングを受けてみてください。

 

>>> TOMクリニックの無料カウンセリング

 

関連記事

盛岡で自毛植毛を受けられるクリニック

盛岡で自毛植毛を受けられるクリニックはある? 自毛植毛をクリニックで受けるに当たり、東京都や大

記事を読む

福岡で自毛植毛を受けられるクリニック

九州の大都市の福岡にもたくさんの自毛植毛を受けられるクリニックがあります。 クリニックの数が多

記事を読む

モニターを募集している自毛植毛のクリニック

自毛植毛の手術を行っているクリニックの中には、モニターを募集しているところが少なからずあります。

記事を読む

自毛植毛のクリニックのランキング

このページでは、自毛植毛を実施しているクリニックをランキング形式でご紹介しております。 「どの

記事を読む

東京で自毛植毛を受けられるクリニック

東京で自毛植毛を受けたいという男性は、全国のどこの都市よりも人口が多いため、たくさんいらっしゃるはず

記事を読む

自毛植毛の選び方

当然かもしれませんが、自毛植毛は外科的な手術ということで、病院の選び方が非常に重要となっております。

記事を読む

ウェルネスクリニックで実施されている自毛植毛

ウェルネスクリニックではどんな自毛植毛が実施されているの? ウェルネスクリニックは東京都の八重洲に

記事を読む

自毛植毛と血液検査

外科的な処置を行う自毛植毛では、手術の前に患者さんの血液検査を行うケースがあります。 ほぼ全て

記事を読む

名古屋で自毛植毛を受けられるクリニック

日本の大都市の一つである名古屋にも自毛植毛を受けられるクリニックがたくさんあります。 自毛植毛

記事を読む

大阪で自毛植毛を受けられるクリニック

このページでは、大阪で自毛植毛を受けられるクリニックをご紹介しております。 東京だけではなく、

記事を読む

高校生に自毛植毛が向いていない理由

見出し1 自毛植毛の手術は高校生でも受けられる!2 高校生に自毛植毛が...

自毛植毛後に押さえておきたい睡眠の方法

見出し1 薄毛と睡眠の関係性をまとめてみた2 自毛植毛後に押さえておき...

危険性の高い植毛手術!自毛植毛は大丈夫?

見出し1 危険性の高い植毛手術とは?1.1 拒絶反応のリスクが高い1....

利用者の満足度の高い自毛植毛

利用者の満足度の高い自毛植毛は? 利用者の満足度の高い自毛植毛がどんな...

学割が用意された自毛植毛のクリニック

見出し1 大学生が若ハゲで悩む原因はこれだ!2 学割が用意された自毛植...

自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべき?

見出し1 自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべきなの?1....

広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられる?

見出し1 広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられるの?1.1 メ...

円形脱毛症の治療で自毛植毛が向いていない理由

見出し1 円形脱毛症による症状とは?2 円形脱毛症の治療で自毛植毛が向...

自毛植毛の効果を実感できるのは休止期の後!

見出し1 私たちの髪の毛のヘアサイクルとは?2 自毛植毛の効果を実感で...

自毛植毛で訴訟に発展した事例はある?

見出し1 自毛植毛で訴訟に発展した事例はあるの?1.1 自毛植毛では失...

PAGE TOP ↑