*

自毛植毛とミノキシジルのどちらが良い?

公開日: : 自毛植毛と他の治療

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは血管拡張剤として開発された成分で、現在では育毛剤の中に配合されています。

ミノキシジルを含む育毛剤はドラッグストアでも簡単に入手できるようになりました。

  • ミノキシジルには頭皮の毛細血管を広げる作用を持っている
  • 頭皮へと塗布すると血行が促される
  • 毛乳頭へと行き渡る栄養素や酸素の量が増える
  • 同時に毛母細胞へと働きかけて細胞分裂を活性化する
  • 高い発毛効果でAGAによる抜け毛や薄毛を改善する

上記のような効果が期待でき、男性が悩まされるAGA治療に欠かせない存在だと言われています。

その証拠として日本皮膚科学会が以前に発表したAGA診療ガイドラインでAランクの最高評価を得ており、薄毛で悩む男性が最初に行うべき対策なのです。

自毛植毛とミノキシジルのどちらが良いの?

AGAの治療を行うに当たり、少しでも効果の高い方法を探す男性が多いのは当然かもしれません。

そこで、「自毛植毛とミノキシジルのどちらが良いのか?」と疑問を抱えている方はいます。

2つの治療法を比較するために、まずはそれぞれのメリットを確認しておきましょう。

<自毛植毛のメリット>
・自分の髪の毛を植え付けることで確実に薄毛の治療に繋がる
・頭頂部や前頭部の毛母細胞が死んでいても移植して復活させられる
・髪の毛が頭皮へと定着してからは特にメンテナンスの必要がない

<ミノキシジルのメリット>
・1ヵ月当たり数千円とお手頃な価格で薄毛治療を始められる
・外科的な手術ではないので傷跡や後遺症のリスクがない
・病院へと通わなくても自宅で好きなタイミングで処置を施せる

このように、自毛植毛がクリニックで受ける手術なのに対して、ミノキシジルは自宅で行う発毛ケアという違いがあります。

得られる効果が異なるので、「○○○の方がAGAに良い」とは一概に言い切れないのです。

個人の症状や考え方でおすすめの治療は異なる

個人の症状や考え方により、自毛植毛とミノキシジルを含む育毛剤のどちらがおすすめなのか異なります。

選択するAGA治療の方法で迷っている男性は以下をチェックしておきましょう。

<自毛植毛がおすすめの人>
・AGAの症状が進行して投薬治療では改善できないレベルの薄毛
・費用の負担は大きくなっても確実に薄毛を治したいと考えている
・カツラやウィッグを使ってカモフラージュするのに疲れた
・内服薬や外用薬による治療を一定期間に渡って試してみて効果がなかった

<ミノキシジルがおすすめの人>
・20代や30代でまだ著しく薄毛の症状が進行していない
・初めてAGA治療へと取り組もうと考えている
・植毛手術へと高額な費用を支払うことができない
・病院やクリニックに頼らずに自宅で症状を克服したい

今の薄毛の状態や目的により、適した方法が異なるのはお分かり頂けるはずです。

既にプロペシアやミノキシジルを使って変化を実感できなかったのであれば、当サイトでご紹介しているアイランドタワークリニックでの自毛植毛を視野に入れてみましょう。

現在では基本治療費の20万円が無料となるキャンペーンが行われているので、気軽に相談してみてください。

>>> アイランドタワークリニックの無料カウンセリング

自毛植毛を受けながらミノキシジルの育毛剤を使うのはOK?

現在では自毛植毛を受けながらミノキシジルの育毛剤を使う男性が増えました。

  • 自毛植毛をクリニックで受けて理想のヘアスタイルを手に入れられた
  • 移植した部位以外はAGAの影響を受けるので症状が進行する
  • 薄毛を食い止めるためにミノキシジルを塗布して発毛効果を得る

上記のようなメリットがあり、理想の髪型をキープするために効果的な方法です。

それに、自毛植毛を受けると既存の髪の毛が抜け落ちるショックロスで悩まされるケースがあり、この症状を未然に防ぐ目的で血行不良を改善できるミノキシジルの育毛剤が使われています。

移植してから直ぐのミノキシジルの使用は避けるべき!

複数のAGA治療を組み合わせるのは効果的ですが、自毛植毛で髪の毛を移植してから直ぐのミノキシジルの使用は避けなければなりません。

医師からもなるべく控えるように促されることがあり、ミノキシジルの育毛剤は医薬品に分類されていて副作用があるからです。

  • 肌が敏感な人は塗布した箇所の赤みや痒みで悩まされやすい
  • アレルギー症状によるかぶれのリスクが高まる
  • 循環器系への作用でめまいや息切れなどが起こる

無理に育毛剤を塗布して頭皮環境が悪化すれば、自毛植毛でせっかく移植した髪の毛が抜け落ちてしまいます。

頭皮への定着率を下げる原因となりやすく、ミノキシジルやプロペシアを使おうと考えている男性は最初にかかりつけの医師へと相談すべきです。

副作用のリスクを抑えるためにも許可を得てから使ってみてください。

関連記事

自毛植毛とスマートメソのどちらが良い?

薄毛を治療するに当たり、自毛植毛とスマートメソのどちらが良いのか疑問を抱えている男性は多いかもしれま

記事を読む

自毛植毛とプロペシア

AGA治療として日本皮膚科学会の男性型脱毛症ガイドラインで高い評価を受けているのが自毛植毛とプロペシ

記事を読む

自毛植毛とHARG療法

AGA専門クリニックで受ける治療として人気を得ているのが自毛植毛とHARG療法で、どちらも得られる効

記事を読む

自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべき?

自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべきなの? AGAの治療を考えている男性

記事を読む

自毛植毛とミノタブ

ミノタブはミノキシジルタブレットの略称で、頭皮内部の血管を拡張して血液の流れをスムーズにし、発毛を直

記事を読む

高校生に自毛植毛が向いていない理由

見出し1 自毛植毛の手術は高校生でも受けられる!2 高校生に自毛植毛が...

自毛植毛後に押さえておきたい睡眠の方法

見出し1 薄毛と睡眠の関係性をまとめてみた2 自毛植毛後に押さえておき...

危険性の高い植毛手術!自毛植毛は大丈夫?

見出し1 危険性の高い植毛手術とは?1.1 拒絶反応のリスクが高い1....

利用者の満足度の高い自毛植毛

利用者の満足度の高い自毛植毛は? 利用者の満足度の高い自毛植毛がどんな...

学割が用意された自毛植毛のクリニック

見出し1 大学生が若ハゲで悩む原因はこれだ!2 学割が用意された自毛植...

自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべき?

見出し1 自毛植毛と注射療法の比較!どちらの治療を選択すべきなの?1....

広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられる?

見出し1 広範囲に渡る薄毛でも自毛植毛の手術は受けられるの?1.1 メ...

円形脱毛症の治療で自毛植毛が向いていない理由

見出し1 円形脱毛症による症状とは?2 円形脱毛症の治療で自毛植毛が向...

自毛植毛の効果を実感できるのは休止期の後!

見出し1 私たちの髪の毛のヘアサイクルとは?2 自毛植毛の効果を実感で...

自毛植毛で訴訟に発展した事例はある?

見出し1 自毛植毛で訴訟に発展した事例はあるの?1.1 自毛植毛では失...

PAGE TOP ↑